とびひ急増中

皆さん、こんにちは(^^)! 

お盆が過ぎ、少し涼しくなりましたね。体調を崩さないようお気をつけ下さい☆

 

  1. 連休前には台風もあり、気温と湿度が高くて皮膚トラブルが悪化した患者さんも多かったです。
  2. 7,8月はとびひが最も多くなる季節です。ブドウ球菌などの細菌感染が原因の病気です。
  3. 最初にできた湿疹が、火事の飛び火のようにあっという間に広がる事から”とびひ“といわれています。

 

あせも、虫さされ、湿疹などを引っかいたり、外傷に二次感染を起こしてとびひになります。

また、鼻の入り口には様々な細菌が常在しているため、お子さんで鼻を触るくせがあったり、鼻の周囲から引っかくことでとびひになってしまいます(-_-;)

 

主な治療内容は、抗生剤の内服や外用です。泡立てた石鹸で患部を洗うことも重要です。

治療後のスキンケアが再発予防にとても大切です。

とびひの原因となった湿疹や虫刺され、傷などの治療も続けて行わないととびひを繰り返すことになります。

 

タオルや衣類を共有しない、患部をガーゼで覆うなど、他の人にうつさないようにしましょう

 

.プールに入っても良いか?

 

.プールの水ではうつりませんが、触れることで症状を悪化させたり、他の人にうつす恐れがありますので、プールや水泳は治るまで禁止して下さい。(日本臨床皮膚科・日本小児皮膚科学会が共同で統一見解を出しています。)