新着情報NEWS & INFORMATION

ご挨拶

当院の治療方針

当院内科では、種々の内科疾患に対し、一般的な治療(西洋薬)に加え、東洋医学的(漢方薬)治療を行っています。いいものは和洋を問わず積極的に取り入れていこうという方針のもと、治癒の選択肢を広げていきたいと考えています。漢方薬は、煎じだけでなく、エキス剤(顆粒状、錠剤)を使用しており、保険が適用されます。
病気の状態やご希望に応じて、一般的な西洋薬だけの治療、あるいは漢方薬のみの治療、西洋薬と漢方薬の併用など、多様な対応が可能です。

診療内容

内科疾患全般を診療します。感冒や腹痛、下痢などから、漢方治療もとりいれることによって皮膚疾患(当院皮膚科との連携のもと)や婦人科関連のさまざまな不定愁訴、一部小児の疾患に至るまで対応いたします。
また、これまで研鑽してきました専門分野(腎臓内科、糖尿病内科)との関連から、特に糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症などに力を入れています。これら生活習慣病といわれている疾患は、いずれも慢性腎臓病の増悪因子であり、透析治療導入の原因となっています(特に糖尿病は原因の一位です)。当院内科で対応していない疾患は、心疾患(不整脈、心筋梗塞・狭心症など虚血性心疾患)、神経疾患などです。疾患の種類や病状に応じて、市内の基幹病院や大学病院等に紹介もしております。

当院で診察する主な疾患

高血圧
糖尿病
脂質異常症
痛風・高尿酸血症
腎臓内科
過敏性腸炎 慢性下痢症
慢性便秘症
肥満症
一般内科
健康診断 特定健診 名古屋市ワンコイン健診など
各種検査
レントゲン、血液検査、尿検査、心電図、血管年齢、骨塩検査など
*CTや胃内視鏡、大腸ファイバーは行っておりません
予防接種

連携病院一覧

病診連携病院
名古屋第一赤十字病院
名古屋掖済会病院
中部労災病院
中京病院
名古屋共立病院
協立総合病院
藤田保健衛生大学坂文種病院
藤田保健衛生大学附属病院
名古屋市立大学附属病院
名古屋大学附属病院

  • 予防接種
  • 健診
  • 漢方内科
  • ダイエット治療
  • 自費検査
  • サプリメント