ほくろ・いぼとり

ほくろとりについて

サージトロンの写真(ほくろとりについてに挿入)ほくろをとりたいと希望されて多くの方が来院されます。
最近では、きずあとが目立たないようにとレーザー治療を希望される方が多くみえます。そして、多くの方が、ほくろはレーザーできずあとも残さずとることができると思ってみえるように思います。
さて、ほくろはどんなものでも簡単にレーザー治療で治療できるのでしょうか。

答えは可能なものもあれば不可能なものもありますということです。
まず、悪性の疑いのあるものはレーザー治療は無理です。きちんと切除しないと再発し全身に影響をきたすことも起こりえます。また、非常に深いところまで、母斑細胞(ほくろの細胞)が存在すると、レーザーで浅くけずるだけではとりきれず、結局は深い傷をのこしてしまうことになります。ほくろはとりたいけどどのようにとるのかわからず不安だという方に当院での切除方法について理解していただけたらと思います。

クリニックでのほくろ除去の方法

サージトロン施術中の写真(クリニックでのほくろ除去の方法に挿入)まず、ほくろに悪性の所見がないかどうかをデルマトスコピーにて十分観察させていただきます。少しでも悪性の疑いの所見があれば、病変がきちんととりきれるように脂肪組織まで含めて切除します。その時、病理組織検査を行い、悪性の度合いがどの程度であったのか、きちんととりきれているかを確認します。このようなケースでは、レーザー治療の適応にはなりません。

ほくろに悪性の所見がないと思われ、できるだけ傷あとを少ない治療を希望されるとき

レーザー治療を選択します。それでも全く傷がないわけではありません。

①まず、局所麻酔のあと、傷あとがあまり残らない深さで、炭酸ガスレーザーを使用してほくろを削ります。これを深く広く削ると、ほくろは完全に除去できますが、傷あとが目立つようになります。また、浅すぎればほくろは再発してきます。
無理をせずに傷あとがめだたないくらいで、削りを終了します。

②その後、削った部位をメラニン色素だけに反応するレーザーをあてます。メラニンが深くまであると1回では除去しきれませんが、ここであまり無理をすると、結局深いきずあとを作ってしまうことになりかねませんので、十分な効果の得られない時は2回目以降の治療の計画をたてます。

③治療後、軟膏をぬり、早く皮膚がはってくるようにするための創傷被覆材を貼ってもらいます。翌日から洗顔していただいたり、化粧をしていただいたりして構いません。
皮膚が治るまでに、約1~2週間くらいかかります。傷あとの赤みが引いてくるのには、約6か月かかりますが、個人差があります。

ほくろに悪性の所見が完全に否定できないとき。傷あとよりもきちんと切除したいと思う方。傷あとをそれほど気にされない方。

病変がきちんととりきれるように脂肪組織まで含めて切除します。その後、症例に応じた方法で、できるだけ傷が目立たない方法で縫合します。その時、悪性の所見が完全に否定できない時は病理組織検査を行い、悪性の度合いがどの程度であったのか、きちんととりきれているかを確認します。

ほくろをレーザー治療される方への注意点

手術で母斑細胞をすべて切除しているという治療でないため、再発はまずする可能性が高いと思っていた方がよいと思います。ほくろは母斑細胞の集まりですから、良性のものでも、時間がたてば少しずつ増殖してきます。
また、レーザー治療でもきずあとはできます。もちろん手術の時のように深部までけずっているわけではないので、傷の治りも早く赤みがひくのも手術よりは早いです。しかし無傷ではないです。

 


 

いぼとりについて

いぼには、老化によってふえる脂漏性角化症。頸部、わきなど汗をかいて擦れる部位にできるアクロコルドン、ウイルス感染によってふえる足、手によくみられるウイルス性疣贅などがみられます。脂漏性角化症はほくろにみえる場合があります。

いぼの種類と治療

老化によるいぼ(脂漏性角化症)

老人性いぼといわれるもので、脂漏部位に多く発生します。皮膚が紫外線などで老化すると増えやすくなります。表皮の角化細胞が増殖したものです。保険診療では液体窒素で治療しますが、美容的な見地から考えれば炭酸ガスレーザーで削ります。いぼはほくろのように深いところに細胞がないため、ほぼ1回の治療で除去することができます。

アクロコルドン

30歳ごろより頸部を中心にぶつぶつと茶色の小腫瘍がでてきます。
別名 スキンタッグともいいます。病理学的には軟性繊維種というもので、繊維のかたまりのようなものです。頸部に多いので、汗やネックレス、衣服の刺激が悪化因子になっていることが考えられます。感染するものではないのですが、年齢とともにふえてくる切除を希望される方は多くみえます。
治療の方法としては、眼科用はさみで切除する、液体窒素で焼くなどありますが、炎症後色素沈着を残したり、小さいものは取りきれないということがありますので、クリニックでは、炭酸ガスレーザーで小さいものも残すことなく処置しています。しばらく、痂皮が残りますが、徐々に赤みもきえてきれいになります。

ウイルス性疣贅

ウイルス性のいぼであるため、液体窒素で治療します。

 


 

よくあるご質問

①治療に痛みはありますか

痛みができるだけ少なくなるように、麻酔クリーム、注射などであらかじめ、麻酔をして治療を行いいます。

②傷あとはどれくらい目立ちますか

ほくろの深さや大きさや切除の方法によって違います。
手術治療では、縫合線は半年ほどは赤みが続きやや目立ちます。長い目でみて2年たてば縫合線も白くなり、かなり目立たなくなります。
レーザー治療でも深くけずると、ほくろはかなりとれますが、へこみが目立ちやすくなります。できるだけ早く傷が治癒するように、軟膏や創傷被覆材を用いて治療します。しかし、傷は1か月ほどで治癒しますが、完全に目立たなくなるには、半年はかかると考えてください。
レーザーで浅く削った場合は、1週間ほどで皮膚は上皮化し、1か月くらいでほとんどわからなくなります。
いぼやアクロコルドンを取る時は深くまでけずることはありませんので、1か月でほぼ正常な皮膚となります。1週間ほど外用治療を行っていただきます。

③レーザー治療は保険の適応になりますか

ほくろの治療で保険で適応になるのは、手術療法のみです。よって、レーザー治療は保険適応になりません。実費となります。
いぼやアクロコルドンもレーザーでとる治療は実費となります。

④洗顔や入浴はいつからできますか

手術当日は濡らすことはできません。翌日からは、大きさ、治療方法によって異なります。レーザー治療の場合は、ほとんどの場合は翌日より、洗ったりすることはできます。

施術写真

炭酸ガス③

 

 

 

 

 

     施術前                   施術後

料金表

ほくろ

手術療法  保険の適応
レーザー治療(実費)
1mmにつき5,000円(税別)3個以上で1割引き、5個以上で2割引き
例えば 3mmと2mmの2個の場合 25,000円
    4mmと3mmと2mmの3個の場合 45,000円の1割引き40,500円(税別)
    2mmが2個 1mmが3個の場合  35,000円の2割引き28,000円(税別)
その他に麻酔代、軟膏・テープ代がかかります。

施術料は初回の治療の時のみです。2回目以降は再診料のみです。ほくろが1回の治療で十分とりきれなかったという時は、最終の治療から6か月以内であれば、再診料のみで治療を行います。この治療はあくまで、美容的な治療であり、完全にとりきることが治療の目標ではありませんから、どうしても長い間に再発してくることは起こり得ることです。半年以内に再発してくるときは治療が十分でなかったと考えられますが、それ以上の期間の保証は難しいのが現状です。半年以上たってからの再発に対しての治療は実費をいただいておりますので、よろしくお願いいたします。

いぼ

顔   10,000円(税別)
頸部  12,000円(税別)
体幹  18,000円(税別)

数が多い時は、2回から3回に分けて行いますので、上記の料金が施術のたびにかかります。
その他に麻酔代、軟膏・テープ代がかかります。