粉瘤(ふんりゅう)

1、粉瘤について

粉瘤粉瘤(ふんりゅう)  は表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)とも呼ばれる皮膚良性腫瘍です。表皮が皮膚の中に入り込み、袋を作っている腫瘍です。
皮膚の表面に小さな開口部があり、つまむと中から皮膚のあかのにおいのする白いカスのようなものが出てくることがあります。感染をおこすと腫れて痛みが出ます。

2、症状

皮膚の良性腫瘍ですから自然消腿はありません。少しずつ大きくなります。急に大きくなることもあります。皮膚の表面に小さな穴(開口部)があり、しこりを周りから圧迫すると、その穴から臭くて、白いあぶらの様なものが出てくることがあります。通常は痛みや、かゆみはありませんが、炎症や感染を起こすと赤くなって、腫れて、痛みも出てきます。

3、治療方法

小さいうちに手術で袋ごと取り出すことを勧めます。 袋を取り残すと再発します。切開して内容物だけを出しても、袋が残っているので再発します。自然治癒することはないので、大きくならないうちに手術することをおすすめします。その方が傷あとも小さく、手術も簡単にすみます。化膿して炎症をおこしたときは、排膿したり、抗生剤を内服したりします。
その時は、手術はできません。

4、症例写真

準備中