花粉皮膚炎について

今年は特に飛散量が多かったスギ花粉も時期が過ぎてしまいましたが、今回は「花粉皮膚炎」についてお伝えします。
花粉皮膚炎」とは、花粉が皮膚に付くことでアレルギー反応を起こし、炎症を起こす症状です。

 

スギ花粉のシーズンは終わりましたが、一年を通して様々な植物の花粉が飛んでいるため注意が必要です。

今の時期ですと、黄砂の影響もあるようです。

 

・スギ、ハンノキ→ 2月~4月 ・カモガヤ→5月~7月 ・ブタクサ、ヨモギ→ 8月~10月

 

キク科、クワ科花粉症の特徴

 

キク科(ブタクサ、ヨモギ)、クワ科(カナムグラ)が有名で、ほとんどが空きに飛散します。

ヨモギのアレルギーにはセリ科の植物や、その他のメロンやリンゴ等に対して果物過敏症(OAS)を起こすことがあります。ブタクサにもメロンやスイカ等を食べると目の腫れや口、喉にかゆみなどの症状を持つ方が多いようです

 

 

花粉皮膚炎は春先に生じ、他の季節には生じないこと、顔・瞼・首など露出している部分に湿疹、赤み、かゆみが出やすいのが特徴です。マスクなどで擦れるため皮膚が刺激されてしまうこともあります。

いずれも予防が大切になるため、外出から戻ったら洗顔をして花粉を洗い流すことは有効ですが、洗顔は優しくしましょう。強く洗うとバリア機能が壊れ、皮膚に花粉が入りやすくなります。また、目がかゆくなったり、鼻症状の無い人にも発症する事があります。

普段からしっかりと保湿をして角質を整え、肌のバリア機能を高めましょう(^^)

 

 

 

スタッフブログの最新記事

一般皮膚科の最新記事