新着情報

八田院 開院2週間!

皆様 こんにちは うえだ皮膚科内科 八田院が開院して2週間が経ちました。 開院当初は、不慣れな点もありご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。   八田院は保険診療の一般皮膚科はもちろん、美容皮膚科も併設しております。 この時期の乾燥や湿疹、かゆみなどのお悩みから、お顔のシミやしわなど気になることがありましたら お気軽にご相談ください。 皮膚科の診察のついでに、少し美容に
続きを読む >>

高杉院と八田院の予約間違えにご注意ください!

11月7日にうえだ皮膚科内科八田院がオープンし、皮膚科、美容皮膚科の診療を中心に行っています。 また、高杉で診療を行っていたうえだ皮フ科内科クリニックは「うえだ皮膚科内科 高杉院」となり。皮膚科、漢方内科、内科、小児科の治療を行っています。 もとにあったうえだ皮フ科内科クリニックのホームページを八田院に移行しましたため、 八田院のホームページを高杉院のホームページと思い、八田院の予約
続きを読む >>

八田院 内覧会

皆様 こんにちは 先日、明日11月7日に開院いたします『うえだ皮膚科内科 八田院』の内覧会を11月4日に開催いたしました。 朝からたくさんのお祝いのお花やメッセージが届き(ありがとうございます!!)、 華やかな雰囲気の中、予想を遥かに超える約400人もの方にご来院いただき 院長はじめ、職員一同感謝の気持ちでいっぱいです(^^ 美容の無料カウンセリングコーナーも大変多くの方に興味を持っても
続きを読む >>

美容施術・カウンセリング・エンビロン化粧品に関するお知らせ

こんにちは。本日は美容部門からのお知らせです。 かねてよりお伝えしておりますように、11月7日(木)に うえだ皮膚科内科 八田院が開院いたします。 八田院では、今までの皮膚科診療はもとより美容皮膚科の内容を拡充し、皆様に快適にお過ごしいただけるよう スペースも拡張いたしました。 尚、八田院開院に伴い、今後の美容の施術やカウンセリング、エンビロン化粧品の販売、ご相談は八田院でのご案内となり
続きを読む >>

新登場 ~ULTRAcel Q+~

新しいたるみ治療の導入を致します   切らない・痛くない・短時間で出来る   革新的な治療 ~ULTRAc℮l Q+ (ウルトラセル キュープラス)~ ULTRAc℮l Q+ とは・・・   HIFU(高濃度焦点式超音波)という特殊な超音波テクノロジーを利用したたるみ治療です ターゲット1点に集中させた超音波の熱エネルギーを照射し、高温にすることにより
続きを読む >>

八田院開設!

    こんにちは!   今回は八田にできる『うえだ皮膚科内科 八田院』についてご紹介します!   来院される患者様によく、内科は高杉ではもうやめるって聞いたけど・・・とか、   皮膚科はもう八田だけになって高杉院は内科のみになるんだよね?とか   いろいろなことを聞いてくださいます。    
続きを読む >>

「とびひ」について

「とびひ」は俗名で、正式名称を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、皮膚が弱い乳幼児や小児に多く見られますが、大人もかかることがあります。アトピー性皮膚炎では皮膚のバリア機能が低下しているため、とびひが合併しやすくなります。   とびひは文字の通り飛び火します。あっという間に広がることからその名が付きました。   あせも、虫刺され、湿疹などを引っかいたり、転んで
続きを読む >>

水虫の季節

毎日ジメジメとした日が続きていますが皆さん体調は崩されていませんか? 暑くなると、足の水虫を疑い受診される方が増えてきます。 症状としては、 皮膚の場合:指の間がジクジクとしたり皮がめくれたり、足の裏に水疱ができたりします。また踵がカサカサする水虫もあります。痒みを伴う事もあります。 ただ、皮膚に関しては汗をたくさんかく事により皮がめくれたり水疱ができる事もあるので全ての方が水虫という訳で
続きを読む >>

水いぼとは

こんにちは。 じめじめした気候になってまいりました、皆様いかがお過ごしでしょうか。   水いぼの患者様が増えてきております。   水いぼとはどんなものでしょうか   ・水いぼとは、ウィルスが皮膚に感染する事により、発症します。   ・全身のどこにでもできますが、特にこすれたりする脇や肘の内側などに多くできやすいです。   ・大
続きを読む >>

糖化を予防しましょう

こんにちは!梅雨入りしてジメッとした季節になってきました。皆さまいかがお過ごしですか? 今日は糖化についてお話したいと思います!   ところで皆さま、「糖化」という言葉をご存知ですか?   当クリニックでも最近糖化の話が良く出ております。   何かというと、、、、   簡単に言えば「体のこげ」と言われおり、老化を促進する要因として注目されて
続きを読む >>

<< 前の記事を見る