スキンニードリング

スキンニードリングとは

スキンニードリングとビタミンA併用による皮膚の再生治療 スキンニードリングとは、針で皮膚に孔をあけることで、同部の創傷治癒を活性化させ、しわ、たるみなどの老化皮膚や、瘢痕、肥厚性瘢痕、ざ瘡後瘢痕などの症状を改善させる治療です。また、ビタミンA外用剤を併用することでさらに良好な結果を得ることができます。

こんな方におすすめです

  1. やわらかいもちもちとした皮膚に生まれ変わりたい。皮膚が厚くしっかりする。
  2. 小じわ、たるみなどの老化した皮膚をなんとかしたい。
  3. にきびあとや傷跡を直したい。
  4. レーザー治療ではなく、自己を再生する治療をしたい。柔らかくハリがでる。
  5. 毛穴の改善
  6. 美白効果

スキンニードリングの効果

特殊な医療用ローラーを用い、1-1.5mmの針で皮膚に穿刺孔を開けます。血小板からの成長因子の放出により創傷治癒反応が活性化されます。その創傷治癒反応でさまざまな成長因子が放出され、コラーゲンやエラスチンの合成を促進し、最終的にはⅢ型コラーゲンからⅠ型コラーゲンへ転化されることで真皮の再形成がなされ、皮膚がひきしめられて効果が発揮されます。また、ニードリングで発現される成長因子は一般の創傷治癒とは違う瘢痕形成を抑制して、組織の再構築に関与するものであるため、ニードリングの治療は、再生に近いものではないかと考えられます。 この治療を繰り返すことで、個人差はあるが、皮膚はやわらかく質感のよいハリのある皮膚に再生できる効果のある治療法です。 また、ビタミンAを併用することで(施術直後にビタミンAのイオン導入を行う、自宅でビタミンAとCの含有オイル剤の塗布を行う)創傷治癒促進作用が高まります。 穿刺孔はその日の夜には閉鎖されるため、翌日より化粧も可能となりますし、傷跡も一切残りません。自身の細胞が作り出したコラーゲンですので効果は、吸収される物ではなく持続します。