アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は角層表皮のバリア障害があり、さまざまな因子による非特異的刺激反応やアレルギー性炎症反応を皮膚に生じる慢性、再発性の皮膚疾患です。小児では、食物、細菌、発汗、環境因子がアレルゲンになることが多く、また、喘息やアレルギー性鼻炎、結膜炎の合併が多く、家族歴があることが多くあります。近年は皮膚のバリア機能をつかさどるフィラグリン遺伝子の異常が、アトピー性皮膚炎と診断されている人の20-50%に認められることも報告されています。

バリア機能の破壊

バリア機能障害により、外界からの各種の抗原や刺激の経皮侵入が容易となり、アレルギー反応を引き起こしやすくなります。
また、バリア機能が低下していると、汗、汚れ、乾燥、衣類などの外的刺激も受けやすくなります。この双方の働きにより、アトピー性皮膚炎が悪化する病態が作られます。従って、バリア機能を強くして、皮疹の悪化をきたさないようにすることが必要になってきます。
では、なぜ、バリア機能を強くすることが必要なのでしょうか?食物アレルギーの中の即時型アレルギー(食べてすぐにじんましんや呼吸困難などの症状がでるもの)の感作は従来は,消化管で食物の抗原が体内に入り、食物アレルギーを獲得するというのが、主な感作経路といわれていましたが、最近では、皮膚のバリア機能が破壊されていると、食物の抗原が皮膚内に入り、アレルギーを獲得してしまうという経皮感作という新たな経路が注目されています。「茶のしずく」石鹸による小麦アレルギーの獲得というニュースが少し前に話題になりました。この石鹸に含まれていた小麦成分のグルパール19Sが、石鹸の界面活性剤によると考えられる皮膚のバリア機能の低下により、アトピー性皮膚炎の既往のない人においても、皮膚から体内に入り、小麦摂取によってじんましん、食物依存性運動誘発性アナフィラキシーが起こったという例です。経皮感作による食物アレルギーの恐ろしさを再認識しました。そして、スキンケアの重要性、バリア機能回復が注目されるようになったわけです。

バリア機能を高めるには

バリア機能を高めるのは並大抵なことではありませんが、可能な限り、努力していかなければいけません。

1. 入浴・洗顔の注意を

熱いお湯やシャワーは皮膚の乾燥を強くします。36℃から40℃が最適な温度です。
石鹸は保湿成分の配合された乾燥肌用の低刺激性のものを使用してください。ボデイシャンプーは界面活性剤が多く、皮膚を乾燥させるものが多いですから、なるべく使用を控えましょう。

2. 保湿

入浴後、洗顔後30分~1時間の間に急速に肌が乾燥していきます。
30分以内に保湿剤を塗布して肌を保護してください。

3. 食生活の改善

食生活の乱れがあったり、栄養状態が十分でないと、皮膚は栄養不足になり弱くなります。
特に、ビタミン、ミネラル、タンパク質不足は皮膚の状態を悪化させます。

4. 湿疹の改善

肌が壊れている湿疹を放置すると、その部分から雑菌や刺激物質、食物抗原が侵入し、さらなるかゆみを引き起こします。適切な外用剤を塗布して、早くバリア機能を回復させましょう。

湿疹の治療

外用治療

ステロイド外用剤

ステロイドと聞くと、血管拡張、多毛、皮膚菲薄化など昔の悪いイメージがあり、使用することを少しためらってしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、適切に使用することで湿疹を早く治しバリア機能を回復してくれます。ステロイドの強さ、塗る量、回数や減量方法、保湿の方法、ステロイド減量の仕方など、計画を練りながら、目標を設定して使用していくことが大切です。

タクロリムス軟膏

炎症を抑えて皮膚炎を治してくれる効果のほかに、低下している皮膚のバリア機能を回復させる効果があります。湿疹が改善した後も定期的に使用することで、予防的な治療の有用性が指摘されています。

保湿剤

白色ワセリンを中心とした保湿剤で皮膚をしっかり保護することは、バリア機能を保持するためにも非常に大切なことです。

内服治療

抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤

抗アレルギー薬を服用しておくことで、それらの刺激物質が付着した際にひき起こされるアレルギー反応・かゆみを効果的に抑えてくれます。掻くことでさらにバリア機能を破壊し、さらにかゆくなるという悪循環を引き起こしますので、内服してきちんとかゆみを抑えておくことはとても大切です。

免疫抑制剤

症状が重篤で日常生活に支障のある場合に使用することがあります。16歳以上の成人アトピー性皮膚炎を対象にしています。感染症や腎機能障害に注意して定期的に経過観察することが大切です。

注射治療「デュピクセント®

アトピー性皮膚炎の皮疹やかゆみに効果のある保険適応皮下注射治療薬です。皮膚炎については、「IL-4」「IL13」という物質の働きを抑えることで、皮膚の炎症反応を抑制する、従来とは異なるお薬です。それまでの治療では納得のいく効果が得られずにいた重度のアトピー性皮膚炎の方にも、効果が見込めると考えられています。

適応について

アトピー性皮膚炎
これまでの治療では十分な効果が得られない、アトピー性皮膚炎(15歳以上)の方

気管支喘息
既存治療によって喘息症状をコントロールできない重症、または難治の方

デュピクセント®の治療対象となる方

①既存の治療で効果が不十分な中等症~の成人アトピー性皮膚炎患者
成人アトピー性皮膚炎と診断されており、かつステロイド外用剤やプロトピック軟膏にて6ヶ月以上治療を行っている。(あるいは、副作用や過敏症のため、これらの外用療法が継続できない)
以下の3つの項目を判定して、一定のスコア以上である必要があります。

  • IGAスコアが3以上
  • 全身又は頭頸部のEASIスコアが16以上
  • 体表面積に占めるアトピー性皮膚炎病変の割合(%)が10%以上

15歳未満には投与できません
小児への適応はありません。現状では高校生以降(15歳以上)の治療になります。
妊婦、産婦、授乳婦、高齢者にも安全性は確立されていません。

多額の費用が負担できる方、あるいは何らかの補助が受けられる方
治療費については、かなり高額ですが、高額療養費限度額認定の制度がありますので、あらかじめ高額療養費限度額認定証の取得をしてください。大企業のお勤めの方や公務員では、一定額を超えると補助がある場合が多く、職場で確認して頂くとよいかもしれません。

月に2回の通院が可能な方
当面は(自己注射ができるようになるまでは)2週間に1回の注射が必要です。

外用治療も併用できる方
注射のみに頼らず外用もしっかり続けることも治療のために必要です。

デュピクセントの®機序について
アトピー性皮膚炎の皮疹やかゆみの原因になっているものを選択的にブロックする薬剤です。
具体的には、IL-4とIL-13というタンパク質の作用をブロックしています。
Th2というリンパ球に分化する過程を抑制することもできます。

診察の流れ

1.初診
初診では注射に適応があるかを診断します。
適応がある場合は、治療が開始できますので、治療の開始までに患者様ご自身でご加入の健康保険組合にて高額療養費限度額認定証の取得をお願いします。
※次回予約(約2週間後)

2.再診時
院内で初回の注射を行います。院外で薬剤の処方は受けていただきます。
冷蔵保存してありますので、45分間 常温に戻してから接種することができます。
次回約2週間後にご来院ください。

3. 2週間後に再診時
院内で2回目の注射を行います。院外で薬剤の処方は受けていただきます。次回さらに約2週間後にご来院ください

4. 2週後に再診
1ヶ月分の自己注射用の処方箋をお出ししますので、調剤薬局にて注射薬剤を受け取り2週間ごとにご自宅で自己注射していただきます。

5. 1ヶ月後
ご来院ください。皮膚の状態を確認して、注射、内服、外用剤を処方します。


デュピクセント®は注射薬です。
1本の注射に300mgが含まれます。
これを月に2回、つまり2週間に1度注射します。
初回のみ、1回2本600mgを注射します。それ以降は、1回1本300mgの注射を継続します。

このため、2週間に1度の受診が必要です。
注射部位は、両上腕、腹部、両大腿です。


デュピクセント®の治療費

  • 健康保険は適応しています。その上でこの金額です。
  • 別途、初診料、再診料、処方せん料などがかかります。

デュピクセント®の薬剤費の目安

令和2年11月現在のデュピクセント®の薬価をもとに計算しています。
3割:6~69歳、70歳以上で現役並み所得者  2割:70~74歳で一般・低所得者
1割:75歳以上で一般・低所得者

高額療養費制度

高額療養費制度の仕組み
1ヵ月(その月の1日~末日)の間に医療機関の窓口で支払うべき額(自己負担額)が、一定の金額を超えることになった場合、自己負担額を一定額(自己負担上限額)にまでおさえることができる制度です。詳しくは加入している保険者などにご確認ください。

「多数回該当」制度の仕組み継続して高額な医療を受ける必要のある方には、自己負担上限額がさらに引き下げられる制度があります。直近12ヵ月以内に3回以上高額療養費制度の適用を受けた場合(「多数回該当」といいます)、4回目以降の月の自己負担の上限額がさらに引き下げられます。

付加給付制度(健康保険組合等の独自制度)高額療養費制度は国が定める制度ですが、ご加入の医療保険(保険者)によっては、独自の「付加給付」として、国が定めるよりも手厚い医療費助成を行っており、自己負担上限額がさらに低く設定されている場合があります。

すべての保険者で実施されているわけではありませんので、詳しくはご加入の保険者(健康保険組合等)にご確認ください。
お問い合わせ先:健康保険証に記載されている保険者(健康保険組合等)

学生などへの医療費補助制度
大学などの学校では、独自に学生の医療費負担を補助する制度を運営している場合があります。指定病院がある場合や、手続きが必要な場合もありますので、詳しくは学生課などにご確認ください。
お問い合わせ先:大学の学生課など

子どもへの医療費補助制度
各自治体で、子どもに対する医療費助成制度が設けられています。対象年齢、助成内容、申請方法が自治体により異なりますので、詳しくはお住まいの市区町村にご確認ください。
お問い合わせ先:お住まいの市区町村

ひとり親家庭への医療費補助制度
自治体によっては、ひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)の方に医療費助成を行っている場合があります。助成内容や申請方法が自治体により異なりますので、詳しくはお住まいの市区町村にご確認ください。
お問い合わせ先:お住まいの市区町村

医療費控除
生計を一にする家族が1年間で支払った医療費の総額が10万円(総所得金額が200万円未満の方は総所得金額の5%)を超えると、医療費控除を受けることによって、所得状況に応じた還付金を受け取ることができます。医療費控除を受けるためには、確定申告が必要です。医療機関から発行された領収書は必ず保管しておきましょう。
お問い合わせ先:最寄りの税務署

デュピクセント®相談室

デュピクセントの操作方法に関するご質問に、24時間365日、専任スタッフがいつでも対応します。

光線療法

アレルギー薬などの飲み薬や、ステロイド外用薬などの塗り薬を使用してもなかなか治らない。それでもかゆみや赤みがツライ方に、病変部に紫外線を繰り返し照射することで症状を改善していく治療です。痛みなどもほぼなく多くの方に効果を実感していただいています

当院で使用しているのはアブソルート社製の「エキシプレックス308」です。

この器械は治療に効果のある308nmのUVB光を照射し、その他の有害な波長をできるだけ取り除いた紫外線治療器です。照射光の輝度が高くなったため治療に必要な照射時間が半減し、短時間で1回の治療を行えます。また、より低いエネルギーでの照射が可能になったため、紫外線に反応しやすい部位でも治療可能となりました。病変部だけに限定して紫外線を照射できます。健常な皮膚への紫外線照射を避け、病変部位のみを高エネルギーで治療できる正確で信頼性の高い治療方法です。

保険適応:アトピー性皮膚炎・乾癬・類乾癬・尋常性白斑・掌蹠膿疱症・菌状息肉症・悪性リンパ腫・慢性苔癬状・円形脱毛症
適応外のその他疾患:結節性痒疹・痒み・手荒れ・爪の変形等

治療費

診察料+光線治療費=1240円 (3割負担・処方箋料などは別途かかります)

治療間隔

週に1~2回の間隔で、通常数十回以上繰り返して治療をします。

副作用

照射部位の紅斑、水疱形成、色素沈着が見られることがあります。照射の強さを部位に応じて調節してできるだけそのようなことがおこらないように注意して治療を行っています

こんな方におすすめ

  • 外用剤を塗るだけの治療から、副作用のより少ない安全な治療をしたい
  • 強いステロイド外用剤をできるだけ使用したくない
  • 足の裏や手掌など 皮が厚くてステロイド剤の効果が出にくい
  • 長い間の治りにくい症状をどうにかしたい
  • 痒みをどうにかしたい
  • 早く治したい

アレルギー検査(血液検査)

アトピー性皮膚炎・花粉症・蕁麻疹などのアレルギーによる皮膚疾患はアレルゲンとの接触を避けることがとても重要です。アレルゲンを特定するために「VIEW39」というアレルギー検査がおすすめです。

39個のアレルギー物質への反応を一度に調べることができます。

※VIEW39ではない代表的なアレルギー検査は13項目までしか保険適用になりません。

生活指導、栄養療法、漢方治療

皮膚、腸管粘膜のバリア機能を高めることが最も大切です。そのためには、バリア機能を高めるための栄養素が最も大切です。タンパク質、鉄、亜鉛などのミネラル、ビタミンB2、B6、Cなどの摂取が少ないと、皮膚や粘膜は弱くなります。また、気道粘膜や腸管粘膜も弱くなりアレルギーを獲得しやすくなります。母乳から栄養を受けている時期は、母親の食事の影響を受けますので、母親の栄養状態がとても大切になります。また、幼児期までは、腸管の粘膜も弱く、十分に栄養素が吸収されていないことが多いと言われています。また、大人でも、不規則な生活で栄養素の吸収が十分でない人が多くなっているように感じます。腸管や皮膚、粘膜を強くする栄養療法、腸を育てる漢方治療はアトピー性皮膚炎の治療にとても有効です。

おすすめの施術
エキシプレックス

「エキシプレックス」は308nm中波長紫外線(UVB)を照射する器械です。

内服治療

抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、免疫抑制剤によるアトピー治療です。

うえだ皮膚科内科 八田院

うえだ皮膚科内科 八田院ではWEB予約・電話予約をおこなっています。予約可能な日時をご確認の上、WEBまたはお電話にてご予約ください。

お電話でのご予約受付時間は、午前9:30~12:30/午後 15:00~18:30(土曜は9:00~13:00)です。