目の下のくまやたるみ・小じわは、とても疲れた感じにみえ、老け顔にみえるため、とても気にされる方が多い部位です。また、皮膚がとても薄く、血管の多い部位ですので、とても治療が難しい部位でもあります。

目の下のくま・たるみ・小じわの種類たるみに対しての全体的な治療方針たるみの原因たるみの部位別の治療法治療の流れ

目の下のくま・たるみ・小じわに適したメニュー
目の下のくま・たるみ・小じわの種類
  • たるみがあって影のようになっている状態
  • 目のまわりの血流がうっ血してくすみ、ややむくんだくま状態 
  • 以前よりアトピー性皮膚炎など湿疹病変があり、皮膚そのものにダメージがあって、皮膚が乾燥し、茶色くくすみ、小じわが目立つ状態
  • 皮膚が少しずつ老化し、コラーゲンが少しずつ失われ、小じわがめだってきている状態です。
種類別の治療法

たるみがあって影のようになっている状態

目の下の脂肪がまわりの組織のゆるみによって前に出てきている状態です。そのため、ふくらんでいるところの下がへこみ、かげになります。へこんでいる組織をヒアルロン酸でうめたり、フラクショナルレーザーで熱を加えて皮膚を収縮させ、コラーゲンの増生を促すことで少しでも前方に脂肪がでないようにする治療(マドンナリフト)が有効です。

施術メニュー
  • ヒアルロン酸注入
    目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入することで、へこみを目立たなくして、くまを改善させます。また、この部位に注入することにより、目のまわりにふくらみがふえ、若々しくみえます。
  • マドンナリフト
    CO2フラクショナルレーザー(DEKA社製)スマートサイドドットを用いて目元まわりや顔の若返り治療を行う治療です。あの有名アーティストのマドンナが施術を受け、大変満足したという事で話題になり、このネーミングがつきました。マドンナリフトは、お肌に微小な炭酸ガスレーザーを点状に照射し、皮膚にミクロの小さな孔をあけ表皮を蒸散させます。その小さな穴の周りに発生する十分な熱作用により、その周りの皮膚は収縮し、新しいコラーゲン生成を促していくことで、目のまわりの皮膚をひきしめていきます。
    この効果により、目の下のたるみをひきしめることができます。
  • 美容外科

目のまわりの血流がうっ血してくすみ、ややむくんだ くま状態

疲れ、ストレス、冷え、肩こり、貧血による血行不良が原因で赤黒くふくらんでいる状態です。ホルモンのバランスがくずれてくる年齢の方に多く見られます。血流の改善、新陳代謝促進、血行促進、リンパの流れを促進する治療が有効です。

施術メニュー
  • 漢方治療
    目のまわりの血流がうっ滞している状態は、漢方学的には、お血といい、女性に多く見受けられる状態です。このお血を改善させる漢方を内服することにより、目のまわりの血流のうっ滞が改善し、赤茶色く、くすんだ状態になっていた皮膚を改善させることができます。
  • テノール
    皮膚深部から皮下脂肪までを加熱することで、血行とリンパの流れを改善し、コラーゲンの新生を促す治療です。この治療により、血流がよくなるため、影のようになっているむくんだくまや、目のまわりの血流がうっ血している状態を改善させることができます。

以前よりアトピー性皮膚炎など湿疹病変があり、皮膚そのものにダメージがあって、皮膚が乾燥し、茶色くくすみ、小じわが目立つ状態

皮膚の乾燥は小じわの原因となります。また、湿疹があれば、さらに色素沈着、乾燥をきたしやすくなります。皮膚を保湿し、色素沈着を改善する治療が有効です。

施術メニュー
  • 内服・外用療法
    目のまわりの湿疹や炎症後色素沈着などの皮膚症状を、内服、外用により改善すると、乾燥し、茶色くくすみ、小じわが目立つ状態になっている皮膚を少し改善することができます。
  • 漢方治療(保険診療)
  • ビタミンCローション
  • エレクトロポレーション ケアシス(高濃度ビタミンC・トラネキサム酸・ヒアルロン酸)
    エレクトロポレーションとは、皮膚表面に電圧(電気パルス)をかけることにより、微細な穴を作り、その穴から薬剤を導入する方法です。通常では導入されにくいような分子量の大きな薬剤やイオン化しない薬剤などを効率よくお肌の深部まで導入させることができます。クリニックでは、最新のクライオエレクトロポレーション [ケアシス]を使用しています。この器械で、高濃度ビタミンC,トラネキサム酸、ヒアルロン酸を導入することで、乾燥、くすみ、小じわを改善していくことができます。
  • 美白点滴
  • 高濃度ビタミンC点滴
    外部からの治療とあわせて、内部にも効果的な栄養素を直接体内に取り入れることで、治療効果を高めることができます。点滴、注射することにより、吸収率が高まり、皮膚だけでなく、身体の内側から体力回復、美肌再生に即効的な効果が期待できます。 クリニックでは患者様の症状にあわせて、プラセンタ注射、にんにく注射、美白点滴、ビタミン・ミネラル点滴、高濃度ビタミンC点滴を行っております。

皮膚の状態はよいが、たるみまでいかないが、小じわがめだってきている状態

皮膚が少しずつ老化し、コラーゲンが少しずつ失われ、小じわが目立ってきている状態です。

施術メニュー

くま・たるみ・小じわ治療におすすめの施術
マドンナリフト

CO2フラクショナルレーザー(DEKA社製)スマートサイドドットを用いて目元まわりや顔の若返り治療を行う治療です。

PRP療法

自分の血液を用いて肌の再生を促す治療です。

リジュラン

老化または紫外線によってハリが低下した皮膚や、小ジワが目立つ皮膚組織が、リジュランの効果で、肌のハリ・ボリューム・弾力が増し、しわや凹凸が目立たなくなります。

水光注射

目的に応じて、非架橋のヒアルロン酸、ビタミンC、ボトックスなどの液を注射していきます。

コラーゲンブースター

ダーマペンの微細な針により細かな穴を開け、その後 PCL Solution を併用することで、コラーゲンの生成と関連のある真皮の上層へ浸透させることが可能になり導入が容易になりました。

テノール


熱を深部に加えることで加齢の進行を抑える治療です。皮膚のきめ、たるみ、ひきしめ、小じわ治療に効果的です。

ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲン

ヒアルロン酸注入

皮膚にできた深いしわや溝は、ヒアルロン酸注入剤をその直下に注入することにより目立たなくすることができます。

ケアシス(エレクトロポレーション)

通常では導入されにくいヒアルロン酸などを効率よくお肌の深部まで導入させることができます。

マッサージピール

皮膚を剥離させずに、皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、表皮再生を活性化させる治療方法です。

治療の流れ

お電話・美容WEBでのご予約

美容電話、美容WEBからご予約ください。
お悩み、希望治療、曜日、時間などをお伺いして、ご予約を承ります。

STEP
1

受付

問診表を書いていただきます。現在のお悩みの場所、症状、今までの治療経歴、治療に関するご希望をお伺いいたします。

STEP
2

診察前カウンセリング

お書きいただいた問診票にもとづいて専門のスタッフが、お悩みの部位、患者様の治療へのご希望を確認いたします。ご遠慮なくお話しください。

STEP
3

診察

問診票、カウンセリング内容にもとづいて診察いたします。症状を確認し、一人一人の症状に合わせ予算、ダウンタイム、ライフスタイルを考慮した治療計画をご提案いたします。投薬、外用処方の必要な場合は処方させていただきます。

STEP
4

スタッフからの確認

より安心して治療を受けていただくために、スタッフが医師の診察内容に沿って治療やお薬、費用について再度説明させていただきます。ご不明な点やご心配な点があれば、何でもご相談ください。また、承諾書をお渡しいたします。承諾書をお読みいただき、疑問やご不安がなければご署名いただけます。後日の施術であればご予約ください。承諾書はお持ち帰りいただき、施術当日にご持参ください。

STEP
5

施術当日

パウダールームで洗顔をしていただきます。その後、経過観察のため写真を撮影させていただきます。施術前に医師、スタッフと施術の内容について最終確認いたします。

STEP
6

施術

専門の医師、スタッフが施術させていただきます。治療内容により、前処置、施術内容、後処置は異なります。

STEP
7

施術後

パウダールームにてスキンケア、メイクを行っていただけます。
その時、クリニックで販売しているローションや軟膏などを使用していただくことができます。
施術後の注意も施術の内容によって異なりますので、担当のスタッフよりお聞きください。

STEP
8

お会計・次回のご予約

施術によって異なりますが、2週間~4週間に一度の継続した治療をおすすめしています。
効果的な治療を受けていただくためにも、是非次回のご予約をとられることをおすすめします。

STEP
9

ご自宅での治療

効果を確実に高めるためにも、内服、外用、スキンケアを確実に行っていただけるようにお願いします。
ご不安なことがあれば、いつでもお尋ねください。

STEP
10

うえだ皮膚科内科 八田院

うえだ皮膚科内科 八田院ではWEB予約・電話予約をおこなっています。予約可能な日時をご確認の上、WEBまたはお電話にてご予約ください。

お電話でのご予約受付時間は、午前9:30~12:30/午後 14:00~18:00(土曜は9:00~16:00)です。