巻き爪(陥入爪)とは

原因としては、足に合わない靴を長時間履き続ける、つま先をぶつける、強い刺激が加わる、長い間、むれた状態が続く、爪を切る時にかどをきりすぎてしまう、等があります。予防としては、爪を丸くきらない、かどのところをきりすぎない、足の爪はまっすぐ切るようにして、爪の端が指の外に出るまで伸ばす、といったものがあります。

巻き爪(陥入爪)の治療方法

1.保存的治療

コットンパッキング

爪の端にコットンを細くこより状にして詰める。詰めることにより、隙間ができて圧迫が少なくなり、痛みがへります。

テーピング

爪の側面の皮膚を外側へ引っ張ることにより、爪と皮膚の間に隙間を作る方法です。コットンパッキングと組みあわせることにより効果が高まります。

上記の保存的治療で改善しない場合に爪矯正法を行います。

2.爪矯正法

超弾性ワイヤー法

マチワイヤーはニッケル、チタン合金に特殊処理をほどこした合金で作られたワイヤーです。強く曲げても回復力があり、曲げた状態でも数ヶ月以上にわたり強い回復力を持っています。その力で巻き爪の形を少しずつ矯正します。爪の先端に穴を2つ開けてマチワイヤーを装着しておけば、爪の成長とともに矯正されていきます。欠点は爪が伸びていないと使えないということです

VHO法

VHO式ワイヤーによる巻き爪矯正治療は、爪を深く切り込んでいても施術が可能な治療です。手術をせずに巻き爪を治療することが可能です。保険の適応ではありませんので、自費の治療になります。まず、専用の針金を爪の彎曲に合わせて彎曲させ、爪の左右にひっかけて固定し、左右の針金を中央で巻き上げて固定していきます。矯正治療は初回ワイヤーをかけてから2~3ヶ月後にワイヤーをかけ直すことになります。ワイヤーをかけた爪が伸びていくため、爪の先に移動したワイヤーを根元の方に移動させないといけないからです。症状にもよりますが、爪が矯正されるまでに年平均3回のワイヤーかけなおしが必要で、治療には、6ヶ月~2年ほどかかります。

3.手術療法

フェノール法

保存的治療、爪矯正法では治癒しない患者さんに行います。
食い込んだ爪を切りとり、根元を爪が生えてこないようにフェノールで処理します。
保険適応のある、術後の傷が小さくてすむ治療です。以前の陥入爪の手術は皮膚を切除し、縫合する方法であったため、痛みは腫れが強くおこりました。この治療法ですと、腫れも痛みも少ないため、すぐに歩行することも可能です。しかし、手術治療はあくまで、保存的治療が爪矯正法ではよくならない方のみに行っています。

うえだ皮膚科内科 八田院

うえだ皮膚科内科 八田院ではWEB予約・電話予約をおこなっています。予約可能な日時をご確認の上、WEBまたはお電話にてご予約ください。

お電話でのご予約受付時間は、午前9:30~12:30/午後 15:00~18:30(土曜は9:00~13:00)です。