にきびについて

「大きいにきびがなかなか治らない」「繰り返してできてしまう」「生理前に悪化する」など、さまざまなお悩みがあります。
当クリニックでは、お話を聞き、現在あるにきびを治すだけではなく、にきびができにくい皮膚を作ることを目標に治療を行っています。

にきびの治療方法
-保険診療-

クリニックにお越しのにきびの患者さんの多くは十代から二十代の若い患者さんですので、なるべく保険診療主体の治療を行っています。
保険診療の中でも、最近ではピーリング効果や殺菌効果の高いにきびの治療薬が多く販売されてきていますので、十分効果は期待できます。また、生理前に悪化する人などでは、漢方治療が有効な方も多いので、漢方診療も行っています。その他の内服薬でも効果の高いものがありますので、それらを組み合わせることもあります。

外用薬

  • アダパレン(ディフェリンゲル)
    ニキビの前段階であるマイクロコメド(微小面ぽう)から白ニキビ、黒ニキビや赤ニキビに効果が期待できます。
  • 過酸化ベンゾイル製剤(ベピオゲル)
    ニキビの原因菌が増えるのを抑え、毛穴のつまりやコメド(面ぽう)も改善します。白ニキビ、黒ニキビや赤ニキビに効果が期待できます。
  • 過酸化ベンゾイル+レチノイド配合剤(エピデュオゲル)
    過酸化ベンゾイルとレチノイドを配合した塗り薬です。白ニキビ、黒ニキビや赤ニキビに効果が期待できます。
  • 過酸化ベンゾイル+抗菌薬配合剤(デュアックゲル)
    過酸化ベンゾイルと抗菌薬を配合した塗り薬です。白ニキビ、黒ニキビや赤ニキビに効果が期待できます。
  • 抗菌薬
    赤ニキビに効果が期待できます。
  • ナジフロキサチン(アクアチムクリーム)
    主成分ナジフロキサシンはニキビ菌や黄色ブドウ球菌のDNA複製を妨げることで殺菌効果を発揮します。
  • クリンダマイシン(ダラシンゲル)
    細菌のたんぱく質合成を阻害することで、ニキビ菌や黄色ブドウ球菌に対し抗菌力を発揮します。
  • オゼノキサシン(ゼビアックスローション)
    オゼノキサシンはニキビ菌や黄色ブドウ球菌のDNAの複製に必要なトボイソメラーゼⅣ及びDNAジャイレースを阻害することにより、それらの細菌の増殖を妨げ、殺菌効果を発揮します。

内服薬

抗菌薬

  • ミノマイシン
    ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質で、細菌の蛋白質の合成を阻害することで、その増殖を抑えます。また、菌体外酵素の産生抑制、好中球遊走因子の抑制、活性酵素の抑制作用があるので炎症を抑える作用があり効果があります。副作用に、めまいや色素沈着があります。
  • ビブラマイシン
    ニキビ治療の内服薬として知られるビブラマイシンもテトラサイクリン系の抗生物質でミノマイシンと同様に静菌作用と、抗炎症作用の両方を併せ持っており、ニキビの治療に使用します。
  • ロキシスロマイシン
    ロキシスロマイシンはマクロライド系の抗菌薬で、アクネ菌の蛋白質合成を阻害することで、その増殖を抑えます(静菌作用)。

ビタミン剤

  • ビタミンB2
    ビタミンB2は、糖分や脂質、たん白質などの代謝に欠かすことのできないビタミンで皮膚や粘膜を正常にたもつ働きもします。ビタミンB2が不足すると、ニキビ、口内炎や口角炎、湿疹、結膜炎などの原因になります。ビタミンB2の皮脂分泌の抑制効果を期待して投薬します。
  • ビタミンB6
    ビタミンB6は身体の代謝を円滑に進めるために欠くことのできないものです。皮膚や粘膜を正常に保ち、神経の働きにも重要な役割を果たしています。
    不足すると口内炎や湿疹、ニキビができやすくなります。
  • ビタミンC
    ビタミンCはメラニンの産生を抑制します。また、コラーゲンを生成する、免疫力を高める、抗酸化力を高める作用を高める作用があります。炎症後色素沈着の予防、改善のために使われます。
  • ビタミンE
    ビタミンEは脂溶性ビタミンで抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防ぎ、炎症を低下させる働きがあります。

漢方薬

炎症を沈める、排膿する、便秘を改善する、血のめぐりをよくする、胃腸を整えるなどの成分の漢方薬を使用して、症状、体質に合った漢方薬を、2週間ごとに経過を観察しながら処方していきます。

にきびの治療方法
-自由診療-

美容皮膚科ならではの治療

しかし、保険診療のみでは、十分効果の得られない患者さんもみえます。
そのような時は、直接皮膚に働きかけるような、ピーリング、レーザー治療、保険診療外の外用剤の使用などを、ご希望があれば行います。

患者さんひとりひとりに合った治療を、生活指導も含めて行っていますので、今までなかなか治らなかった方も是非ご相談ください。

コスメ・自宅治療薬

  • ビタミンCローション 1,500円(税別)
    過剰な皮脂分泌を抑制し、同時に活性酸素などのフリーラジカルを除去することにより、過酸化脂質の生成を防ぎ、にきびを改善します。
  • コラージュ洗顔パウダー 1,600円(税別)
    毛穴の汚れ・ざらつきを酵素配合した洗顔パウダーで古い角質を取り、つるつるお肌にします。

施術

  • ケミカルピーリング
    グリコール酸を用いて肌表面の不用な角質を除去し、毛穴の汚れをとりにきびができにくい皮膚を作ります。
  • イオン導入
    単純にぬるだけでは浸透しにくいビタミンCやE,トラネキサム酸、グリシルグリシンなどを電気の力を用いて肌の深部にまで効率よく浸透させる方法です。単純に塗る場合に比べて数十倍浸透すると言われています。
にきびの治療の中で気をつけること

不規則な食生活、紫外線、たばこ、ストレスは避けていただくようにお願いします。

  1. 不規則な食生活
    糖質、炭水化物を多く摂取すると、毛穴の脂質の分解が妨げられ、にきびができやすくなります。
  2. 紫外線
    アクネ菌は皮脂を栄養にして増殖し、ポルフィリンという物質を排出します。そのポルフィリンに紫外線が当たると、活性酸素が発生するため、さらに炎症が悪化し、色素沈着をきたします。
  3. たばこ
    タバコはビタミンCを大量に消費してしまうため、皮膚はくすんだ感じになり、皮膚の殺菌効果も弱まり、にきびが悪化します。
  4. ストレス
    ストレスは男性ホルモンの分泌を増やし、刺激された皮脂腺は皮脂の分泌を増やします。
よくあるご質問
治るのにどれくらいの時間がかかりますか
軽いにきびであれば1か月以内に治りますが、重症のものは3か月以上かかることもあります。
思春期になってにきびができやすくなるのはなぜですか
思春期ににきびができやすいのは、ホルモンの関係で皮脂腺の活動が活発になり、角質が厚くなり、毛穴がつまりやすくなってしまうためです。
背中にきびは治りますか
背中のにきびは非常になおりにくい場所です。背部の皮膚は厚く、また皮脂腺が多いからです。クリニックでは、酵素クレンジング、高濃度のケミカルピーリング、海藻パックを行う背中のにきび、毛穴の開き、毛穴のつまり治療も行っています。
また、ご自宅ではトレチノイン外用にて根気に治療をしていくと、少しずつ改善していきます。
おすすめの施術
Gentle Max

ハイパワーレーザーでありながら皮膚への影響が少なく、さらに皮膚を直接冷却できる新技術により高い安全性が実現されました。
自由診療(保険適用外)です。

イオン導入

ビタミンA、ビタミンCやE、トラネキサム酸などを電気の力を用いて肌の深部にまで効率よく浸透させる方法です。
自由診療(保険適用外)です。

スマートサイド・ドット

にきびあとや毛穴を改善し皮膚をひきしめていくCO2フラクショナルレーザーです。
自由診療(保険適用外)です。

ライムライト

光治療で使用する器機のライムライトの光は、ヘモグロビンにも反応するため、赤ら顔、にきび、にきびあとの赤みなどにも有効です。
自由診療(保険適用外)です。

うえだ皮膚科内科 八田院

うえだ皮膚科内科 八田院ではWEB予約・電話予約をおこなっています。予約可能な日時をご確認の上、WEBまたはお電話にてご予約ください。

お電話でのご予約受付時間は、午前9:30~12:30/午後 15:00~18:30(土曜は9:00~13:00)です。